白ロムとは?赤ロムとの違いはなに?購入方法と注意点のまとめ

AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。⇒Twitter

格安SIMについて色々調べてたら、「白ロム」という用語が出てきますよね。

白ロムとは簡単に言うと「SIMカードが入っていない携帯」です。

ですが、白ロムには知らないとかなり困る種類や注意点があるので、格安SIMを契約するならばこの記事に書かれている内容は絶対に押さえておきたいです。

通常、格安SIMを契約する際は、端末は使い慣れていて機能的にも安心感のある3大キャリアのものを使用すると思いますが、他の携帯電話のスマホを使用するときには「白ロム」といわれる電話番号(=SIMカード)の入っていないスマホが必要になります。

なので「白ロムって何?」という基本的なお話から、どこでどうやって入手するか?白ロムを購入する際の注意点などをお伝えします。

また、白ロムと同時に赤ロムという言葉が一緒にありますが、知らないと大変なことになるのでしっかり理解しておきましょう!

スポンサーリンク

白ロムってなに?黒ロムとの違いについて

先ほども書きましたが「白ロムって何?」っていう質問に一言で答えるとしたら、「SIMカードが入ってない携帯電話端末」という答えになります。
逆に「黒ロムって何?」って聞かれたら「SIMカードが入っている携帯電話端末」となります。

白とか黒が何を指しているかというと、電話番号が入っていなくて通話したり通信したりできないのが白ロム、逆に電話番号が入っていて通話・通信できるのが黒ロムとなります。

身近なところで言えば、皆さんが現在使用しているスマートフォンが黒ロム、携帯電話ショップなどにある契約前の店頭在庫や機種変更をして物置で眠っている携帯電話端末が「白ロム」です。

さらに言えば、あなたの持っている黒ロムもSIMカードを抜き取れば白ロムに代わりますし、物置で眠っている古いスマホもSIMカードを差し込めば黒ロムに早変わりします。

SIMカードを差し込めば使用できる白ロム

まず原則として、同じキャリア(例えば、ドコモ同士とかソフトバンク同士など)の白ロム端末にSIMカードを差し込めば、そのまま黒ロムとして携帯電話が使用できます。

SIMカードの形状に3タイプあるので同じキャリアでもSIMカードがうまく差し込めない場合があります。詳しくは「SIMカードの種類の違いについて」をご覧ください。

異なるキャリアのSIMカードを白ロムに差し込んだ場合(例えば、ドコモのSIMカードをソフトバンクの端末に挿入した場合)は、スマートフォンとして使用できません。それは、SIMロックといって、スマホに他社のSIMカードで反応しないようにロックがかかっているからです。

他社のカードを差し込んでも、作動するようにロックを解除することを「SIMロック解除」、「SIMフリー化」などといいます。

SIMロック解除を行えば(携帯電話ショップや端末の操作で設定できます)、他社のSIMカードであっても一部機能を除いて使用できるようになります。

SIMロック解除に対応している端末は2015年5月以降に発売された機種に限ります。

白ロムは格安SIMで使われる

大手キャリア契約中のユーザーは、スマホの性能が良いので、わざわざ他社の白ロムを買って使用するメリットはありません。

しかし格安SIMの場合、大手3大キャリアと比較するとハイスペック(高機能)の端末が少なく、スマホとしての信頼性も3大キャリアから出ているスマホの方が高いため、3大キャリアで使用していたスマホを格安スマホで使用したいというユーザーが多いです。

その場合は、格安SIMに乗り換える前に自身が使用していたスマホを白ロムとして使用するか、白ロムを購入して入手する必要があります。

あきゆき
僕はずっとiPhoneを使っていますが、性能が良いのでオススメです。

ちなみに、格安SIMで使用できる白ロムは以下の2パターンのいずれかです。

乗り換え前の端末と同じキャリアの電波を使用している格安SIM
格安SIMは、ワイモバイルを除いて、ドコモ、au、ソフトバンクの回線を利用して電波を提供しています。

例えば、ドコモの電波を使用している格安SIMに乗り換える際には、ドコモの白ロム端末はSIMフリー化を行わなくてもSIMを差し込むだけで使用できます。

SIMロック解除済端末
異なる回線を利用する格安SIMに乗り換える場合(例えばauからドコモ系回線のrakutenモバイルに乗り換える場合)は、SIMロック解除の手続きをauにて行ってから、rakutenモバイルに乗り換えます。

赤ロムは通信ができないスマホ

白ロムを購入する際に最も気を付けたい点が「赤ロム」です。

赤ロムとは、携帯電話キャリアによって通信ができないように制限をかけられているスマホ端末のことを言います。どうして制限がかけられるかというと、以下の3つの原因が代表的です。

  • 元の持ち主が、端末を分割契約していて支払いを滞らせてしまった場合
  • 端末品が盗難であった場合(盗難届が出され、端末が特定された段階で制限がかけられます)
  • 元の持ち主が、「紛失した」と偽って交換サポートを利用し、旧端末を中古品として売っていた場合

いずれにしても購入者に大きな非がないにもかかわらず、制限がかけられ赤ロムとなってしまうとスマホが使用できなくなってしまいます。
しかも、分割契約の滞納の場合などは、購入後しばらく問題なく使用できていたにも関わらず、突然赤ロム化してしまいます。

赤ロムのリスクに対処する2つの方法

赤ロムのリスクに対処する唯一の方法は、赤ロム永久保証対応をしているショップで購入することです。

主に赤ロムで注意するべき点は2つあるので、重点的に注意しておきましょう。

赤ロム永久保証対応店で購入する

白ロム販売を行っている販売店では、独自の保証を付けられている場合があります(全く保証のない場合もあり、販売店によって保障の内容は様々です)。

赤ロムのリスクを完全に防ぐためには、期間が限定されておらず、赤ロム化してしまった際に100%の保証をしてくれる店舗から購入することです。

ネットワーク利用制限情報をチェック

大手3大キャリアは、スマホの制限状況についてホームページ上で公開しています。

はっきり言って購入する場合は「赤ロム保証」を行なっているお店で買うのが一番ですが、オークションなどで購入する場合はこの点を注意しましょう。

スマホ端末には、それぞれ固有のIMEI(端末製造番号)という15桁の番号が割り振られています。携帯電話会社各社のホームページにアクセスし、ネットワーク利用制限情報のページにてIMEIを入力すると、「現在の」制限の状況について確認できるようになっているのです。

ネットワーク利用制限情報は以下の3つで表されます。

利用制限の対象とはなっていません。盗難や不正契約などによる入手ではないと判明したものです。
今後、ネットワーク利用制限の対象となることはありません。
端末代金の支払いが完済した状態です。
ネットワーク利用制限中ではありません。ご利用に問題なく、特段の手続きは必要ありません。
今後、盗難や不正契約が発生した場合には、ネットワーク利用制限の対象となる可能性があります。割賦契約の支払い中、あるいは一括支払いした後期間があまり経っていない状態です。
× ネットワーク利用制限中です。

※横にスクロールしてください。

正直かなりわかりずらいです。

「×」はもちろん、「△」の場合も将来ネットワーク利用制限がかかる可能性がありますので、売り主に「IMEI(製造番号)を教えてほしい」と依頼しましょう。
どんな理由であれ、教えてもらえないようであればその相手からの購入は絶対にやめましょう。

注意したいこととしては、ごくまれなケースですが購入時に「〇」であった端末が、後日「×」に変わったという事例も発生していることです。

理由については推測するしかありませんが、考えうる可能性としては元の持ち主が契約中に端末を売り、のちに紛失サポートの適用を受けた場合などが考えられます。

そのようなまれな売り主もいますので、ネットワーク利用制限情報を参考にしながらも、原則としては赤ロム保証対応店で購入するのをおススメします。

白ロム端末の入手方法

格安SIMに乗り換える際に、白ロム端末を持っていない方や持っているスマホがSIMフリー非対応の方は、白ロム端末を入手する必要があります。白ロム端末の入手方法やその際の注意点について紹介します。

大前提として覚えておきたいのは「白ロムの購入は基本的には中古端末」ということ。
ドコモ、ソフトバンク、auの大手3キャリアは、端末のみの販売は行っていませんので購入時に特有のリスクがあります。

白ロム(中古端末)の入手方法

白ロムの入手方法としては、大きく4つあります。

以下の購入方法から、ご自身の欲しい機種や状況に応じて適した購入方法を探してみてください。都市部に在住の方以外は、いずれにしてもインターネットを使って購入するパターンのいずれかになります。

Appleストア

Appleストアでは「SIMフリー(白ロム)のiPhone」が新品で購入できます。

なので、格安SIMでiPhoneを使いたい!と言う方は、「Appleストアで購入して、楽天モバイルなどで契約する」という流れで契約をしていきます。

日本ではiPhoneがダントツの人気ですし、僕もiPhoneをずっと使っていますがすごく使いやすいです。

もし、格安SIMでiPhoneを使いたいと言う方はAppleストアで購入しましょう。

中古スマホショップ

店舗の数はそれほど多くありませんが、特に都市部でPC・電気製品が多く売られているような場所(代表的なのが秋葉原ですね)では中古スマホショップで白ロムが販売されています。

比較的身近な店舗としては、中古本の「ブックオフ」やCD・DVDレンタルの「ゲオ」でも中古スマホが販売されています。

取扱店舗は限定されていますので、ホームページなどで最寄りの店舗が中古スマホを取り扱っているか前もって確認しておきましょう。他に、ヤマダ電機やソフマップ、大黒屋などの一部店舗でも中古スマホの取り扱いがされています。

ショップで購入する場合のメリットは、以下の点があげられます。

  • 保証がついていること(店舗の規定によりますが、30日間保証がついていることが多いです)
  • 店舗で実機を確認してから購入できること
  • 現金で購入できること

反対にデメリットは以下の通りです。

  • 料金が比較的高いこと
  • 在庫が限られること

ネットオークション、フリーマーケット

ヤフーオークションやメルカリ、ムスビーなどのオークション・フリマサイトでもスマホ白ロムが購入できます。

これらの購入方法は、以下のメリットがあります。

  • 自宅にいながら、商品の選択肢が豊富にある
  • 運が良ければ掘り出し物(激安商品)が見つかることもある

最大のデメリットは安全面です。

  • トラブルが起こってしまった場合には、基本的には自己責任になってしまう
正直言って、オークションなどで購入したものは使えないものも多くないので詳しくない人はやめた方がいいです。

web販売店

中古スマホを取り扱っているweb販売店で購入する方法もあります。

中古販売店のメリットは以下の通り。

  • 店舗として運営しているので、オークションやフリマと比較すると安心して購入できる
  • 在庫が豊富
  • 店舗独自の保証がついているケースもある
デメリットは以下の通りです。

  • サイトによって規約が異なるので、お店に当たり外れがある
  • 実物を確認できない
実物を確認できないのは困りますが、中古ショップに行けない場合はWeb販売店での購入がオススメです。

家族や知人から譲り受ける

裏ワザというほどではありませんが、家族や知人の解約済端末を譲り受けるという方法もあります。
掘り出し物を見つけたとしても、スマホはやはり高額なものですので、無料で譲り受けられればそれに越したことはありませんね。

注意点としては、家族や友人といえども端末にデータが残っている場合などに重要な情報を見てしまう可能性があること。
後々トラブルに発展しないためにも、データの消去は確実にしておくように依頼してください。

白ロムを購入する際は端末の状態を要チェック

スマホの外観がきれいに見えても、部分的に故障していたり、正常に作動しなかったりすることもあり得ます。
特に、バッテリーについては消耗品ですので、消費が非常に速いという事例はよくあることです。

白ロムは「中古品」であるという認識を持って、購入後には動作のチェックをしっかり行いましょう。

まとめ

白ロムについて、だいたいどのようなものかイメージしていただけましたか?

注意点をしっかり記載したので、白ロムを購入するのが少し怖くなってしまったという方もいらっしゃるかもしれませんね。

基本的には、携帯電話以外の商品でも同じことですが、売り主の方に悪意がなければ大きなトラブルにはならないのですが、あなた自身にも店舗側にも悪意がなかったとしても、店舗で売られていた端末がたまたま盗難品であったり料金の未納があったりした場合、スマホとして利用できなくなってしまいます。

くどいようですが、白ロムを購入する場合には、無期限の赤ロム保証がついているお店で絶対に購入してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。