楽天モバイルの安いプランを徹底解説【月額2000円以下】

AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。

楽天モバイルに変更しようとしているけど、どれが一番安いプランなんだろう?格安SIMにすると月額料金下がるって聞いたけど、どのプランが安く使えるプランなんだろう・・・。

という疑問にお答えします。
この記事を書いている私は、楽天モバイルで月額の料金が2000円程度です。

今まではSoftbankを利用していて1万円近く毎月払っていましたが、2000円程度になったので年間で10万円近く安くなりました。
1人で海外旅行も2回くらいいけちゃうくらい安くなりましたね。

楽天モバイルに変更しても、プランを間違えてしまうと月額6000円とかかかってしまうので、この記事を参考にすればスマホ代が高いと感じていても今後は月額2000円に抑えられるようになります。

スポンサーリンク

楽天モバイルの安いプランは「組み立てプラン」

最初に結論から言うと、楽天モバイルの一番安いプランは「組み立てプラン」です。

下記に楽天モバイルの組み立てプランの料金表を貼っていますが、docomo、AU、Softbankのように電話ができて普通にスマホを使う場合は一番左側の「通話SIM」を選択します。

通話SIMの部分を見ていただけると分かりますが、一番安いベーシックプランだと「1,250円」で使用することができます。

ただ、ベーシックプランは外でネットを見たりするとすぐに容量が少なくなってしまうので、オススメとしては「3.1GBプラン」か「5GBプラン」にしましょう。

そうすると、月々のスマホ代が約2,000円くらいになるのが分かりますよね。

ちなみに私は3.1GBプランを使用していまして、月々の支払いが2000円未満くらいです。たまに電話を使ってしまうと2000円を越えることがありますが、基本的には2000円前後くらいで使用できています。

電話もLINE電話とか使えば一切かからないですし、LINE電話したとしてもそこまで通信量は多くありません。

楽天モバイルのスーパーホーダイは高い

楽天モバイルの料金プランには先ほど紹介した「組み立てプラン」と「スーパーホーダイ」の2つあります。

楽天モバイルでは約8割の人がスーパーホーダイを選択していると書いてあるのですが、スーパーホーダイは10分のかけ放題が付いている代わりに最低でも4000円近くなってしまうのでオススメしません。

確かにDocomoなどと比べると安くはなってしまいますが、電話を使わないという人にはもっと安くできる「組み立てプラン」が存在しているのでわざわざ選択する必要はありません。

スーパーホーダイプランの方が大きく表示されていて、申し込みやすくなっているので注意しましょう。

楽天モバイルを使うならWi-Fiは必須

ネットをあまり使わない人は大丈夫ですが、Youtubeなどの動画を見たり、ネットをよく使う人は自宅にWi-Fiは必須です。

そうしないとすぐに制限がかかってしまうので、気をつけるようにしましょう。
検索するくらいとか、インスタとかTwitterなどのSNSとかであればWi-Fiは必要ありませんが、外でも動画をよく見たりする場合は気がついたら制限がかかっているなんてこともよくあります。

もし、自宅にWi-Fiが繋がってなくてネットも使う場合は、先ほどのプランを「10GB」とか「20GB」とかに変更しておきましょう。

月々の値段は高くなってしまいますが、ギガ数が足りなくなって追加で購入すると料金が高くなるので、もし使いすぎると思う方は最初から少し多いくらいをオススメします。

ギガ数が足りなくなったらすぐに課金されるわけではなく、低速モードに変わるだけなので気にならなければ普通に料金を支払うことなく使うことはできます。

楽天モバイルに乗り換えるタイミングは6ヶ月

楽天モバイルに乗り換えると安くなるよ!と知り合いにオススメしても、「いや、今乗り換えると違約金が発生しちゃうからあと1年は使わないと・・・。」と答える人って結構多いんですよね。

私も最初は、「違約金が1万円もかかるし・・・。」とか思っていたんですけど、実は違約金を払ってでも乗り換えるべきなんです。

下記の画像は、格安SIMに乗り換えた時の違約金を想定していくら支払いになるかを想定したグラフです。

このグラフを参考にすると6ヶ月が絶対に損をしない分岐点になっているのがわかるはずです。

もしまだ契約してから6ヶ月経っていないのであればもう少し待った方が安くなりますが、契約してから6ヶ月以上経っている場合は今すぐにでも楽天モバイルに乗り換えた方が安くなるのは間違いないです。

1ヶ月ごとの詳しい値段の比較とかも知りたい場合は「スマホ代を安くする方法を初心者向けに徹底解説【保存版】」の記事に詳しく全部記載してあるのでお読みください。

今すぐに楽天モバイルに乗り換えるべき

ここまで読んでいただければ、

  • 6ヶ月以上契約をしている
  • かけ放題を使わない

この2つの条件に当てはまっているのであれば、今すぐにでも楽天モバイルに変更するべきです。

楽天モバイルに乗り換える場合の手順は2つのステップを組むだけで乗り換えることができます。

STEP1.MNPで携帯番号を保存する

スマホを乗り換えるときは同じ携帯番号は使いたいですよね。それを可能にしてくれるのがMNPというサービスです。

手順としては、楽天モバイルに申し込む前に「MNP」のサイトを見ると、MNPって何?という段階から手続きの方法を詳しく解説していますので確認しましょう!

基本的には各携帯会社に電話をして、オペレーターに「乗り換えしたいのでMNPしたいです」と伝えるだけです。

めちゃくちゃ簡単にできますし、あくまで予約するだけなので使うか使わないかは後から決めることができます。

STEP2.楽天モバイルに申し込む

MNPを発行したら「楽天モバイル」に申し込みましょう。

先に申し込もうとすると「MNP番号を入力してください」という欄があるので、入力しないと先へ進めないです。

なので必ず「MNPから楽天モバイル」の順番で申し込みをするようにしましょう。

楽天モバイルに変更しないのはお金をあげているのと同じ

大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、AU)を使っていて、毎日電話をしまくっているという訳じゃないのであれば格安SIMにしない理由はありません。

簡単に言うと、やり方がよくわからないから年間10万円あげているのと同じです。「スマホ代を節約したい・・・。」と思うのであれば1日でも早く乗り換えることをオススメします。

あなたのお金なので私にはどう使おうが関係ないですが、毎年10万円もお金が浮けば欲しいものが結構買えるようになりませんか?

わざわざブログを書いて伝えたいと思うくらい私はもったいないなーって思ってしまうので、この記事を読んで少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。