Excelでタイトル行を印刷結果のすべてのページに表示させる方法

Excelでタイトル行を印刷結果のすべてのページに表示させる方法
AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。

Excelで上下に長い表を印刷した際に、2ページ目以降に項目名が無く、とても見づらいと感じたことはありませんか?

このような場合には「印刷タイトル(タイトル行)」を使うと便利です。

このリストは、項目名を一番上部に作成し項目ごとにデータを下へ下へと追加していきます。

そのため、リストで管理するデータ量が増えれば増えるほど上下に長い表になっていきます。

45-1-1

ですが、項目名は最上部にあるため、印刷結果が複数ページにまたがる場合は、2ページ目以降の印刷結果には項目名が無く、単なるデータだけがズラズラと並んだものになってしまいます。

特に数字を多く含む表の場合、単に数値が紙面上いっぱいに並んでいるだけになるため、正確に情報を読み取ることができません。

このような場合に、Excelに備わっている「印刷タイトル(タイトル行)」という機能を使うと、指定した行をすべての印刷ページに含めて印刷することができます。

スポンサーリンク

タイトル行を設定する方法

「ページレイアウト」タブに切り替え、リボン内の「印刷タイトル」ボタンをクリックします。

45-1-2

表示された「ページ設定」画面内の「タイトル行」のボックス内をクリックしてカーソルを置きます。

その後、印刷タイトルに指定したい行を選択し(行見出しを使って、行全てを選択してください)「OK」ボタンをクリックします。

45-1-3

以上で設定が完了です。印刷プレビューで印刷結果を確認してみると、全てのページにしていた行が含まれています。

タイトル列を設定する方法

印刷タイトルの設定で利用した「ページ設定」画面内に「タイトル列」というボックスがあります。

このボックスを使用すると、指定した「列」の情報を印刷結果のすべてのページに含めることができます。

タイトル行と比べると使用する機会は減りますが、左右に長い表を印刷する場合に有効な機能です。

まとめ

表の項目名のように、印刷結果のすべてのページに表示させたい情報がある場合は、「印刷タイトル」の機能を使うと便利です。

是非活用してください。

Excelでタイトル行を印刷結果のすべてのページに表示させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。