エクセルのCOUNTIF関数の使い方【複数条件】

エクセルのCOUNTIF関数の使い方
AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。⇒Twitter

Excelに備わっているCOUNT関数やCOUNTA関数を利用すると、特定の範囲内のデータの個数を数えることができます。

COUNTIF関数を使うと、その特定の範囲内に何がいくつかあるかを簡単に出すことができます。
COUNTIFの使い方は初心者だと難しく感じやすいですが、1つずつ理解していけば難しくはありません。

まずは、COUNTIFがどんな時に使って、どうやって使えば良いのかを知っておきましょう。

例えば、下の図を見てください。

とあるスポーツ用品店の売上を管理するための表ですが、「この表の中で各担当者が表全体で何件売上をあげているか?」を求める場合などです。

72-2-1

このように、「ある条件に当てはまるデータの個数を数えたい」場合に、COUNTIF関数を利用します。

COUNTIF関数はめちゃくちゃ使いますので、絶対に覚えておきましょう。

スポンサーリンク

COUNTIF関数の使い方

関数による結果を表示したいセル(例ではK5)を選択し、「数式」タブ内の「関数の挿入」ボタンをクリックします。

72-2-2

表示された「関数の挿入」画面内の「関数の分類」を「統計」に変更します。

その後、関数名の一覧から「COUNTIF」を選び「OK」ボタンをクリックします。

72-2-3

新たに表示された「関数の引数」の画面内にある「範囲」の欄で、データの数を数えたいセル範囲(例ではG5:G49)を指定します。

更に「検索条件」の欄で条件を指定します。(今回の例では、「担当者:松岡修三の売上データの個数」を求めたいため、条件は「松岡修三」と入力するか、もしくは「松岡修三というデータが入力されているセル番地」のいずれかを指定します)

72-2-4

以上が設定できましたら「OK」ボタンをクリックします。

正しく数式を作れていたら、結果が表示されるはずです。

72-2-5

COUNTIF関数を直接数式で入力する場合

関数による結果を表示したいセル(例ではK5)を選択し、以下の数式をキーボードを使って入力します。

=COUNTIF(データの数を数えたいセル範囲,条件式)

今回の例の表ではこのようになります。
=COUNTIF(G5:G49,J5)

数式が入力できたら「Enter」キーで確定します。すると、データの数を示す値が表示されます。

まとめ

このように、COUNTIF関数を利用することで、条件を満たすデータの個数を数えることができます。

そして更に、1つだけでなく複数の条件を指定して、条件を満たすデータの個数を数えることのできるCOUNTIFS関数もあります。

エクセルのCOUNTIFS関数で複数のデータを簡単に数える方法

2016.12.08

基本的には、COUNTIF関数だけで殆ど大丈夫だと思いますが、1つの条件だけで足りない場合は是非覚えてみてください。

エクセルのCOUNTIF関数の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。