WordやExcelがどこにあるか分からない時の起動方法

WordやExcelがどこにあるか分からない時の起動方法改善法
AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

チャンネル登録35万人超!見ないと損するPC知識をYoutubeで配信中→こちら

ワード(word)やエクセル(Excel)を開こうと思ったのに、そもそもどこにあるの?どうやって起動するの?という事態がよく発生します。

新しいパソコンを購入した場合や、自分のでないパソコンを使用した時はどこに何があるかよくわからないですよね。
なぜなら、Windowsのバージョンによって開き方が大きく異なるからです。

最初の画面にあれば分かりやすいですが、そうでない時も多いです。

Windows7や10を使っている場合はもちろんですが、特にWindows8を使っている方はワードやエクセルがどこにあるか見つからないという事がよく聞かれます。

そんな時に、どこにあるか確認して起動してみましょう。

Windows7でのワード・エクセルの起動方法

Windows7以前のモデルは同じような方法で、ワードとエクセルを起動することができます。

画面左下の【Windowsボタン】を押すことによってメニューが表示されるので、そこから探しましょう。

  1. 左下のWindowsボタンをクリック
  2. すべてのプログラムをクリック
  3. Microsoft Officeをクリック
  4. Word,Excelをクリック

※手順はパソコンによって少し異なる場合もあります。

wordを探す

このようにWindowsマークから簡単に起動することができます。

Windows10でのワード・エクセルの起動方法

Windows10もWindows7と同じような方法で起動することができます。


Excelのアイコンが画面に表示されていなくて、起動できない時があります。

その時は画面左下にある、ウィンドウズマークをクリックしましょう。

Excelのアイコンがない時の起動方法と終了方法のやり方3

クリックすると、一覧が表示されます。

一覧の左側を下にスクロールしていくと、Microsofot Officeが表示されるのでクリックしましょう。

Excelのアイコンがない時の起動方法と終了方法のやり方4

クリックすると、一覧が表示されます。

その中から、Excelを選択しましょう。

Excelのアイコンがない時の起動方法と終了方法のやり方5

クリックすることにより、Excelが起動されます。

Windows8でのワード・エクセルの起動方法

windows8でワード・エクセルを起動するときは、同じように左下の【Windowsボタン】を押します。

windowsボタン win8_home

そうすると、このような画面が表示されます。

この画面は「スタート画面」と呼ばれており、ここから色々なソフトを起動することができます。
WordやExcelを起動するには、この画面下に表示される下矢印【↓】をクリックします。

win8_home2

アプリと表示される画面にたどりつけたら、右横の部分をクリックし「カテゴリ順」に変更します。

※必ずしもカテゴリ順にする必要はありませんが、分かりやすくなるため変更しています。

右方向へ移動しながら捜索していきます。

アプリ_office3

右側へ移動すると、「Microsoft Office」という文字と画像が発見できるようになります。

このカテゴリ中に、WordやExcelなどがあります。

見つかったらクリックすることにより、起動することが簡単にできます。

覚えとくと便利な起動方法

先に紹介した方法ですと、時間がかかります。見つける前に疲れてしまいますね。
では、このアプリそのものを検索して探す手間を省いてみましょう。

【Windowsボタン】を押してスタート画面を表示する。

画面右上に表示されている【虫メガネ】をクリックする。

win8_home3

クリックすると「検索⇨すべての場所」という項目が右側から出てきます。

白枠部分に「word」と入力します。

このときに「ワード」とカタカナで入力してはいけません。
win8_home4

検索を実施すると、「Word」を自動で探してくれます。

Word,Excelの終了方法

あとは検索の下に出てきたWordをクリックすると起動します。

word_open

これで「Word」が起動しました。

色々とデザイン等々でてきますが、まずは「白紙の文書」をクリックしてみましょう。

word_open2

文書を記載する作業画面が出てきました。

これで起動は完了です。

Excelを終了するときは画面右上にある、「×」ボタンをクリックします。

Excelのアイコンがない時の起動方法と終了方法のやり方7

こうすることによって簡単に画面を終了することができます。

何か文字が入力されている場合は「保存しますか?」と表示されますので、残しておきたい場合は保存ボタンを押しましょう。

スタート画面にピン止めする方法

先に紹介した方法によってWordやExcelを起動することができますが、高い頻度で使用する場合はこの方法を毎回実施するのは面倒です。

そういう時は「ピン留め」をすることにより、より簡単に起動する事が出来ます。

まずは、先ほどの方法でWordまたはExcelを探し出します。

ソフトの上で「右クリック」を押します。

表示された選択肢から【スタート画面にピン留めする(P)】を押します。

アプリ_office_Pin3

この操作をすることにより「スタート画面」にWordを出すことができます。

windows8ピン留め

この操作は、WordやExcelだけに限らずすべてのソフトに対して実行可能です。

なので、いつも使うソフトがある場合はピン留めしておきましょう。

ピン留めをすることにより、わざわざ探す手間が一気に省くことができます。

まとめ

最初の画面に起動アイコンがなくなるとビックリしてしまいます。

特にWindows8を使用していると、どこにWordやExcelがあるのかがわからなくなります。
見当たらないと、それだけで何時間もかかってしまうことも・・・。

なので、Windows8を使用している方は、ピン留めをすることによって簡単に起動できるようになります。

なかなか見つからないと焦ってしまうと思いますが、簡単に変更することができるのでやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。