【Excel】COUNT関数でデータが何件あるか調べる3つの使い方

AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。

ExcelのCOUNT関数を使うと、一定の範囲内に幾つ数値データが入力されているかを数えることができます。

売上金額のような数値データを表で管理している場合、幾つ入力されているか困った時はありませんか?

  • 全部で何個あるんだろう。
  • この欄のデータは全部で何件だろう。
  • 在庫はあと幾つ残っているんだろう。

などなど、数を数えたい時は沢山あります。

そんな時はExcelにあるCOUNT関数を使用することで、複雑な数式を作成しなくても簡単に数値データの数を求められます。

スポンサーリンク

COUNT関数を使った例

例えば、下のような表の場合、COUNT関数を使用して入金済みの件数を求めることができます。

count関数の使い方1

この図では、5件ある取引相手から入金されているのは4件ですよね。
例で出したので簡単にわかりますが、これが何百件となった時に数えるのはすごく大変です。

そんな時にCOUNT関数は力を発揮します。

ExcelでCOUNT関数の使い方

COUNT関数を使用する場合は、他の関数と同様に「関数の挿入」画面を使用する方法と、直接数式を入力する方法があります。

また、簡単な方法として「オートSUM」ボタンでも数値の個数を求められます。

動画やこの記事で使用しているファイルをダウンロードするときは、下記のダウンロードから使用してください。

「関数の挿入」ボタンを利用する場合

関数による結果を表示したいセル(例ではB11)を選択し、「数式」タブ内の「関数の挿入」ボタンをクリックします。

count関数の使い方6

表示された「関数の挿入」画面内の「関数の分類」を「統計」に変更します。
その後、関数名の一覧から「COUNT」を選び「OK」ボタンをクリックします。

count関数の使い方7

新たに表示された「関数の引数」の画面内にある「値1」の欄で、数値データの数を数えたいセル範囲(例ではB4:B8)を指定して「OK」ボタンをクリックします。

count関数の使い方8

すると、数値データの数を示す値が表示されます。

count関数の使い方9

「オートSUM」ボタンを利用する場合

オートSUMを使ってCOUNT関数(数値の個数)を簡単に設定できます。

関数による結果を表示したいセル(例ではB11)を選択し、「ホーム」タブ内の「オートSUM」ボタンの横にある▼をクリックします。そして表示されたメニューから「数値の個数」をクリックします。

count関数の使い方2

特定のセルが点線で囲まれます。この点線はCOUNT関数による計算の対象範囲を示しています。

count関数の使い方3

現在表示されている点線の範囲が自分の思惑とずれている場合は、点線の範囲を訂正します。
範囲を訂正する場合は、普通にセルを選択する要領で、目的のセル範囲をドラッグします。

count関数の使い方4

※うまくドラッグできない場合は、点線の外枠の真ん中あたりをドラッグしてください。

点線で囲まれた範囲が正しくなったら、キーボードの「Enter」キーを押します。すると、数値データの数を示す値が表示されます。

count関数の使い方5

直接数式を入力する場合

Excelが得意な人は直接入力した方が早く設定できます。

関数による結果を表示したいセル(例ではB11)を選択し、以下の数式をキーボードを使って入力します。
=COUNT(数値データの数を数えたいセル範囲)

今回の例の表では次のようになります。
=COUNT(B4:B8)

count関数の使い方10

数式が入力できたら「Enter」キーで確定します。すると、数値データの数を示す値が表示されます。

COUNT関数を使う時の注意

COUNT関数で対象となるデータは数値データに限ります。
文字データや空白セルはカウントされません。
COUNT関数とよく似たCOUNTA関数を使用すると、数値データに加えて文字データも対象として数を数えてくれます。

まとめ

このように、COUNT関数を使用することで簡単に数値データの数を数えることができます。

また、COUNT関数を使うときは3種類方法があることがわかりました。
Excelをあまり得意でない方は、関数項目から選ぶやり方が一番覚えやすいです。

オートSUMでもできますが、ズレが生じたりする事もあるので自分で直す必要があります。
手打ちに関してはExcelが得意になったら、スピードが上がりますので是非挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。