Excelでリボンの新規作成をして使いやすくする環境を作る

Excelでリボンの新規作成をして使いやすくする環境を作る
AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。⇒Twitter

Excelは、古いバージョンから新しいバージョンに変わるごとに、より使いやすい操作画面へと変わってきています。

昔よりも操作しやすくなったExcelですが、更に操作画面を自分に合わせて調整することで、より自分の操作しやすい環境を作ることもできます。

Excelを操作するボタンは、その働きに応じて分類され、個別の「リボン」上にまとめられています。

そして、その各種リボンを切り替えるために使用するのが「タブ」です。

12-2-1

このタブやリボンは、あらかじめExcelに準備してあるものをそのまま利用することもできますが、自分に合わせてカスタマイズできます。

今回は、自分の操作しやすい環境を整える方法として、「リボンの新規作成」を紹介します。

スポンサーリンク

リボンのユーザー設定

リボンのカスタマイズに利用する画面は、次のような操作で表示できます。

まず「ファイル」タブをクリックし、表示される画面から「オプション」をクリックします。

12-2-2

表示された「Excelのオプション」画面から「リボンのユーザー設定」をクリックします。

12-2-3

そして表示された画面で、リボンの新規作成を行います。

リボンの新規作成

まず、新しく作成するリボンのタブを作成したい位置を指定します。

画面右側に表示されているリボンの一覧の中から、新しくタブを表示したい位置の「一つ手前」に位置するリボン名をクリックします。

そして画面右下辺りにある「新しいタブ」ボタンをクリックすると、一覧に「新しいタブ(ユーザー設定)」が追加されます。

12-2-4

リボンの名前の変更

新規作成したリボンは「新しいタブ(ユーザー設定)」という名前になっているため、必要に応じて名前を変更します。

変更する場合は、一覧から「新しいタブ(ユーザー設定)」を選択し、「名前の変更」ボタンをクリックします。

12-2-5

表示された「名前の変更」画面に付けたい名前を入力し、「OK」ボタンをクリックします。

12-2-6

リボン内のグループの変更

リボンの中はグループという領域に分かれていて、各種ボタンがその働きごとにまとめられています。

リボンを新しく作成すると、自動的に「新しいグループ(ユーザー設定)」という名称のグループが作成されるため、必要に応じて名前を変更します。

変更する場合は、一覧から「新しいグループ(ユーザー設定)」を選択し、「名前の変更」ボタンをクリックします。

12-2-7

表示された「名前の変更」画面に付けたい名前を入力し、「OK」ボタンをクリックします。

12-2-8

ボタンの配置

次に、新しく作成したリボンに、Excelに備わっているボタンを配置します。

「Excelのオプション」画面の左半分に表示されている一覧の中に、Excelに備わっているボタンが表示されています。

一覧に表示されるボタンは、上にある▼ボタン付きのボックスで変更できます。

例えば「基本的なコマンド」が選択されている場合は、多くの人が良く利用するような機能が一覧に表示されます。

12-2-9

この一覧から目的のボタンを選んで、画面中央にある「追加」ボタンをクリックすると、そのボタンが右側のリボンの一覧へ配置されます。

この操作を、必要なだけ繰り返します。

12-2-10

そして、「OK」ボタンをクリックして操作完了となります。

Excelの操作画面に作成したタブが表示され、そのタブをクリックすることでリボンを表示できます。

12-2-11

まとめ

このように、自分の好きなボタンを集めたオリジナルのリボンを作成できます。

リボンの新規作成は殆ど使う事がないとは思います。

ですが、この操作をうまく活用すると、Excelをより使いやすい環境に整えることができます。

Excelでリボンの新規作成をして使いやすくする環境を作る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。