Wordの起動方法と終了方法と注意するべきポイント

AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。⇒Twitter

Wordを最初に起動する時は、どこから起動して良いのかわからないと思います。

  • どこにWordがあるのかわからない
  • いつも最初の画面(デスクトップ)にあるのに、Wordが消えてしまった!

なんていうことも。

そんな時は、ここを見れば必ず起動できる!という場所がありますので、まずはそこを確認しましょう。
※Wordがパソコンの中に入っていない場合は、起動できませんので注意してください。

Windows10の起動方法を紹介しているので、もしWindows8を使用している方は、「Windows8でワードが見つからない場合」をご覧下さい。

スポンサーリンク

Wordの起動方法

左下のWindowsマークをクリックします。

word起動1

左側の項目の一番下にある、「すべてのアプリ」をクリックします。

word起動2

すべてのアプリケーションが表示されるので、その中からWordを探します。

word起動3

Wordをクリックすることにより起動することができます。

Wordの終了方法

Wordを無事起動することができましたので、今度は終了を行ってみましょう。
Wordを閉じる方法には2種類の方法があります。

1. ファイルから終了する方法

画面左上の青くなっている部分にある「ファイル」をクリックします。

word終了1

左側に項目がいっぱい出てきますので、「閉じる」をクリックします。

word終了2

これでファイルメニューから、Wordを終了することができます。

2. 画面右上の【×】で終了する方法

画面右上にある【×】ボタンをを押すことにより、Wordを終了することができます。

word終了3

わざわざファイルメニューを開く必要がないので、こちらの方が簡単にWordを終了することができます。

また、殆どのソフトでも【×】ボタンで終了することができます。

閉じるときの要注意ポイント

Word_end

終了する際に、ファイルメニューと【×】のどちらから終了しても、

「”文書〇”に対する変更を保存しますか?」(上の図)

とメッセージが表示されます。ここで「保存しない」を選択してしまうと、今まで頑張って作成してきた内容が全て失われます。

保存せずに終了してしまった場合、これの復活はできません。
Wordを終了する際は、必ず注意してください。

※事前に保存してい場合や、何も書かれていない場合は表示されません。

まとめ

Wordの起動方法は最初に絶対に覚えなければいけないです。
ですが、Wordの起動方法を覚えれば、ExcelやPowerpointなどのソフトも問題なく起動できるようになります。

また、WordやExcelなどを閉じる時は、必ず保存されているかどうを確認しましょう。
もし、保存されていない場合は必ず保存してください。

ここを間違えてしまうと、場合によっては何時間もやった作業が水の泡になってしまいます。

注意して頂きたいですが、私も何回も経験があることなので、こまめに保存するように心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。