Wordで最初に絶対に覚えておくべきページ設定の解説

Wordで最初に絶対に覚えておくべきページ設定の解説
AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。

Wordを使用するにあたって、ページの大きさやら書式やら様々な設定を実施しなくてはなりません。

どれを設定すると、どの部分が変更できるのかわからない!

今回はそんな声にお応えすべく、代表的な設定にについてご紹介していきます。

それぞれの詳しい内容については、別途ご紹介している記事があります。

スポンサーリンク

各種ページ設定の紹介

文書を1つ作成するだけでも、様々な設定が存在します。

文書作成にあたって、大事な設定についていくつかご紹介いたします。

用紙サイズの変更方法

一番最初に設定しなければならない項目です。

配布するにあたって、どのような大きさの紙で配布するかを決定するものです。

① タブ「ページレイアウト」をクリック。

② ページ設定の欄の「サイズ▼」をクリック。

③ 目的としている用紙サイズを選択してクリック。

通常はA4に設定されていますが、B5にしたい。もっと大きくしたいという時に変更します。

この設定によって、文書全体の書ける範囲も変わってきます。全体のレイアウトに影響しますので最初にこれを設定しましょう。

Word ページ設定01 Word ページ設定02

余白設定の変更方法

次に、文字が入力されない「余白」部分の設定を行います。

余白を広くしたり、狭くしたりすることによって、1枚に収められる文字数が変化します。

いくつかのパターンはあらかじめ用意されており、「標準、狭い、やや狭い、広い」の4種類があります。

これ以外に設定をしたい場合は、「ユーザー設定」を使用してお好みの余白サイズを設定します。

① タブ「ページレイアウト」をクリック。

② ページ設定の欄の「余白▼」をクリック。

③ お好みの余白寸法を選択してクリック。場合によっては、一番下の「ユーザー設定の余白」を選択します。

Word ページ設定04

印刷向きの設定方法

次に印刷する紙の向きを設定します。

日常よく目にする「縦向き」のものか、プレゼンテーションなどで目にする「横向き」のものかです。

この設定はあくまでも「紙の方向」を設定するものであり、文字の縦書き、横書きを設定するものではありません。ご注意ください。

① タブ「ページレイアウト」をクリック。

② ページ設定の欄の「印刷の向き▼」をクリック。

③ 「縦」か「横」お好みの方向を選択してクリック。

Word ページ設定03

文字列方向の設定方法

最後に、記述していく文字列の「方向」を設定します。

この設定は、現代のスタイルではほぼ「横書き」ですが、新聞や文学の場合は「縦書き」が使用されるケースが多いです。

① タブ「ページレイアウト」をクリック。

② ページ設定の欄の「文字列の方向▼」をクリック。

③ 「横書き」、「縦書き」、「横書き(特殊)」からお好みの方向を選択してクリック。

Word ページ設定05

これで文字を書いていく方向を設定することができます。

まとめ

今回ご紹介した4つの設定は、Wordを使用して文書を作成するにあたってまず最初に実行しておくべき内容です。

この設定さえ覚えて置けば、あとはなんとかなります!

設定は、文書作成途中でも変更が可能ですし、セクションと呼ばれるものを操作することによって、少し凝った文書も作成することができます。

一口に「設定」といっても様々な要素があります。

目的に応じて色々な部分を自分好みに変更してください。

Wordで最初に絶対に覚えておくべきページ設定の解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。