Wordの差し込み印刷機能の基本的な使い方

Wordの差し込み印刷機能の基本的な使い方
AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。⇒Twitter

年末の年賀状大量生産の時期でなくても、ハガキなどを大量に作成しなくてはならないときはないでしょうか?

ダイレクトメールなどのご案内を作成するときに住所や名前をひとつずつ印刷するのは非常に手間なことです。

Wordでは「差し込み印刷」という機能があります。

この機能を利用することにより、年賀状のように同じ書式を使用するときは大変便利です。

早速この機能を使用してみましょう。

スポンサーリンク

差し込み印刷の使い方

差し込み印刷を初めて使用する方でもうまく操作できるように、アシスト機能がついています。

その機能を使用してみましょう。

① 上部タブ「差し込み文書」をクリック。

② 「差し込み印刷の開始」欄の【差し込み印刷の開始▼】をクリック。

Word 差し込み印刷

③ 一番したの、「差し込み印刷ウィザード」をクリック。

Wordの右側に差し込み印刷ウィザードが出現しました。ここの補助機能を使うと選択していくだけで差し込み印刷ができるようになります。

Word 差し込み印刷02

④ 1/6 お試しで今回は「ラベル」を選択。次へ

Word 差し込み印刷03

⑤ 2/6 ひな形の選択はベースが特にないのでそのままで。次へ

Word 差し込み印刷04

⑥ 3/6 ラベルオプションが表示されます。ラベルの印刷に関する変更があれば設定を。次へ

Word 差し込み印刷05 Word 差し込み印刷06

⑦ 3/6 宛先に使用するリストを作成します。

Word 差し込み印刷07

⑧ 作成したリストが表示されますので、【OK】をクリック

Word 差し込み印刷08

⑨ 4/6 ラベルの配置に関する設定を行います。画面下の▼を押して次へ

Word 差し込み印刷09

⑩ 5/6 ラベルのプレビューが表示されます。

Word 差し込み印刷10

⑪ 6/6 これで準備が完了しました。あとは、【印刷】するだけです。

Word 差し込み印刷11

まとめ

初めての方でも差し込み印刷ウィザードと呼ばれる補助機能を使用すると、差し込み印刷を実行することができます。

設定完了後は、まず「必要のない用紙」を使用してできあがりを必ず確認してください。

確認が完了してから、本番の用紙を使用して実行することをお勧めします。

Wordの差し込み印刷機能の基本的な使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。