iPhone,iPadはセキュリティソフトが必要性がない理由を解説

AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。

iPhoneやiPadを使っていて、セキュリティソフトやウイルス対策ソフトは必要なのか?と疑問に思う人も多いはず。

テレビでも位置を特定されたり、何をしているかわかるウイルスがiPhoneに仕込まれているなど放送していることもあります。

なので、今回はiPhoneやiPadにはセキュリティソフトは必要なのかについてと、その理由についてをiPhone、iPad、Macを使っているアップル好きの僕が詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

iPhoneにはセキュリティソフトは必要ない

結論から言うと、iPhoneやiPadにはセキュリティソフトやウイル対策ソフトは必要ありません。

なぜなら、ウイルスに感染しないような仕組みなっているからです。

App Storeがウイルス対策になっている

iPhoneにアプリを入れようと思ったら「App Store」からインストールするしか方法がありません。

そしてアプリを作成して販売しようとすると、必ずAppleのチェックが入ってからApp Storeに並びます。なので、ウイルスが入っているアプリは全てAppleのチェックで弾かれるようになっているんです。

そのため、iPhoneでアプリをインストールしたからといって、あなたのスマホがウイルスにかかるということはほぼありえないです。

他のアプリにウイルスが移らない

iPhoneのアプリは1つ1つが独立している設定になっています。

そのため、万が一にでもアプリにウイルスが入っていた場合でも、他のアプリにそのウイルスが移ることはありません。

パソコンの場合は、一回でもウイルスにかかってしまうと、そのウイルスが増殖して、他のファイルなどにも感染して取り返しの使えないことになることがあります。

ですが、iPhoneやiPadはアプリが独立しているので、そのような心配をする必要がありません。

もしアプリが感染してしまったとしても、そのアプリを削除すれば良いだけなので焦る必要がないです。

先ほども書いていますが、そもそもiPhoneを使っていればアプリにもウイルスが入ることがほとんどあり得ないので、ウイルスについて敏感になる必要はないんです。

フィッシング詐欺などに会う可能性はある

iPhoneにウイルスが入らないとしても、フィッシング詐欺などに引っかかってしまうことはあります。フィッシング詐欺とはインターネットを使っていたときに架空のサイトに個人情報をいれたりしちゃうようなサイトのことです。

例えばAmazonに似たサイトを作成していて、Amazonで注文したかと思ったら全然違うサイトで個人情報だけ抜かれたみたいな感じです。

分かりやすい詐欺の中にはワンクリック詐欺とも呼ばれたりするものもあります。

こちらは簡単に言うと、インターネットで調べ物をしているときに、特定の場所を開いてしまうと架空の金額を請求される状態です。

フィッシング詐欺もワンクリック詐欺もウイルスではなく、インターネットでそのページを開いた人には必ず表示されるページになっています。

なので不特定多数の人が見たときに、誰か1人でも引っかかってくれたらラッキーだと思って作っているページです。

ネットを見ると、しつこく表示されたりするので「ウイルスに引っかかった!」と勘違いしてスマホが危ないんじゃないかと勘違いする人も多いですが、スマホにウイルスが入ったわけではないので安心してください。

画面を閉じれば問題ないですし、このような状況でも焦らないためにもフィッシング詐欺のような手口があるっていうのと、ウイルスには引っかかっているわけではないというのを知っておくだけでも全然違います。

もし「フィッシング詐欺が怖い・・・」という場合は、「カスペルスキー」というセキュリティ会社が出しているアプリがあるので使用することにより安全にインターネットを使うことができます。

居場所を特定されるようなのは危険なアプリは身近な人が犯人

それではアプリは全て安全なのに、テレビでGPSを使った常に居場所を特定されたり、何をしているかが筒抜けになったり、遠隔操作されたりとかはなんで起こるの?って疑問に思いますよね。

なぜそのようなことが起こるのかと言うと、「居場所を特定するアプリ」「何をしているのか分かるアプリ」などがあるからです。

「ん?どういうこと」と思った人もいるでしょう。

つまり、「あなたのiPhoneに知らないうちにApp Storeからアプリをいれられている。そしてそのアプリを見えないようにカモフラージュしている」ということです。

なのでそのようなことが起こるのは、身近な人が犯人の場合だけです。

あなたが知らないうちにあなたのiPhoneのロックを解除した状態でApp Storeからアプリを入れて、それを気づかないようにしておいたということです。

こうすれば誰にも気づかれないように、そしてウイルスでもないのでApp Storeから誰でもアプリをインストールでき使うことができます。

アプリの中には遠隔操作をしたいという人や、子供のために何をしているかを知っておきたいというような意図で作られたアプリがあります。

そのようなアプリを悪用すれば、誰でも簡単にウイルスのようにiPhoneを乗っ取ることができるんですね。

iPhoneにはウイルス対策は意味がない

説明した通り、パソコンのようにセキュリティソフトを購入したりする必要がありません。iPhoneをウイルス対策しても意味はありません。

本当のセキュリティ対策としては、入れたこともないようなアプリが入っていないかをあなた自身が気づくことが本当のセキュリティ対策になります。

普段から他の人には触らせないようにしたり、パスワードをしっかりかけておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。