iPadをWifi(ネット)に接続する簡単な方法

AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。

iPadを購入したらまず最初にやることがインターネットにつなぐ事です。

iPadではWi-Fiという機能を使う事により、簡単にインターネットに繋げることができます。

この記事では、iPadをWifi(ネット)に接続する簡単な方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

iPadをWi-Fi(ネット)に繋げる方法

まず始めにiPadの「設定」を選択して開きます。

設定を開いたら左側の項目から「wi-fi」を選択します。

初期設定ではwi-fiはoffの状態になってますので、画像の所を指で押します。

そうするとwi-fiがonの状態になります。WI-FiがONになると緑色になります。

さらにWi-Fiの「ネットワークを選択…」の場所に近くにある電波が一覧で表示されます(もし1件も表示されない場合は、近くに電波がないという事です。)

自分が使用するルーターを選択します。

ルーターの名前(ネットワーク名(SSID))は、ルーターの裏などにシールが付いていて「SSID」と記載されていることが多いです。

自分のルーターを選択するとパスワードを要求してくるのでパスワードを入れます。

パスワードは、SSIDと同じく、ルーターの背面や底面などにシールが貼ってありそちらにパスワードと書いてあります。

パスワードを入れますとネットワーク名(SSID)にチェックが入ります。

チェックが付いたらインターネットが繋がるようになっているはずです。

Safariを起動して、インターネットに繋がるかを確認してみましょう。

まとめ

iPadをネットに繋ぐには、Wi-Fiの設定をしてあげる必要があります。

Wi-Fiの設定をする事によります、iPadで簡単にインターネットを繋ぐことができます。

Wi-Fiの設定に必要な「ルーター名(SSID)」と「パスワード」は、ルーターに書いてある事が多いです。

書いていない場合は、ルーターを購入した際に付いている紙に記載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。