Wordで段組みの使い方を覚えれば文章を見やすく構成できる

Wordで段組みの使い方を覚えれば文章を見やすく構成できる
AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。

Wordで文書を作成していて、長文を作成している際に2列で表示できたら良いのにな。

と思ったことはないでしょうか。

Word 段組み01

通常は、幅いっぱいに文字を入力していきますが、図を挿入したりしない限り、途中で文字の位置を変更することは難しい作業となります。

スペースキーを連打して場所を調整する方法もありますが、印刷してみて場所がズレていることも良くあります。

今回は、そんなお悩みを解消する方法のひとつとして「段組み」機能をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「段組み」機能とは

段組みとは、上の図のように、1行を複数の列に分割して入力できる設定方法です。

これをすることにより、幅目いっぱいに広がっている文書をある程度区切ることができますので、「読みやすさ」がUPします。

学校の広報や、市の回覧板などはこの段組み機能がよく利用されている文書と言えます。

段組み機能の使い方

それでは、早速段組み機能の使い方をご紹介いたします。

今回も、編集状況をわかりやすくするために、編集記号の表示をONにしています。

また、ルーラー(目盛り)も表示しています。

全体を2段にする方法

① メニューよりページレイアウトを選択

② ページ設定の枠内にある「段組み▼」をクリック

③ 今回は「2段」を選択します。

Word 段組み02

④ 上部ルーラーが2つに分かれたような表示になりました。

Word 段組み04

この状態にて、改行(Enter)を押していくと、今までであれば次のページになってしまっていたところが、同じページの2段目に移動するようになります。

Word 段組み03

途中から2段にする方法

あらかじめ作成している文書を途中から段組みにすることもできます。

基本的な操作方法は上記と同じになります。

① 作成されている文書のどこでも構わないので一度クリック

Word 段組み05

前の手順の①から順に同じ操作を実施。

② 2段の文書に変更されました。

Word 段組み06

このようにして、ページいっぱいで作成していた文書も段組みを使うことで見やすくすることができます。

文書の一部だけ段組みにする方法

ここまでご紹介してきた内容は、ページ全体に段組みが反映されてしまうものでした。

部分的に段組みを使用したい!という上級者の方は、「セクション区切り」との合わせ技にて部分的な段組みを作ることができます。

Wordのセクション区切りを覚えると自由自在にページごとに変更できる

2016.12.22

部分段組み操作方法

① 段組みを開始したい部分で「セクション区切り」を設定します。

Word 段組み07

② セクション区切り実施後のエリアにて「段組み」設定を実施。(今回も2段)

③ 部分的な段組みが完成。

Word 段組み08

このように、セクション区切りを併用することによって、部分的にも段組みを作ることができるようになります。

まとめ

段組みを使用することによって、長文を複数列に分けて表示することができるようになりました。

これによって、見やすさを各段にアップします。

少し癖のある機能ですが、是非一度使用していただき効果を実感してみてください。

Wordで段組みの使い方を覚えれば文章を見やすく構成できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。