Wordのハイパーリンク機能で指定の場所にジャンプする方法

Wordのハイパーリンク機能で指定の場所にジャンプする方法
AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。

長い文書、報告書や論文などには必ず「目次」というものが設定されています。

この目次の項目をクリックすると、該当するページにジャンプしたら良いのに。と感じたことはないでしょうか?

この機能、「ハイパーリンク」を使用することによって、実現できます!

類似した内容として、Wordの書類以外に、インターネット先で見つけたホームページを参照すること。

ほかの書類を参照する方法について、「ハイパーリンク機能」を使用することによって解決できます。

その時はWordとWordで無いものを繋げる方法でしたが、今回は同じWord内でのリンク設定についてご紹介いたします。

この方法を使用することにより、冒頭のお悩みを解決することができます。

ハイパーリンクの事を短くして「リンク」と呼びます
スポンサーリンク

ページ内にハイパーリンクの設定する方法

今回ご紹介するリンクの設定方法はハイパーリンクの設定方法と似ていますが、途中から変わります。

まずはリンクを設定するための文書を用意しておきます。

① リンク先を設定するために、目次を作成しておきます。

Word リンク

② 上部タブの「挿入」をクリック。

Word リンク02

③ 目次のうちの1つの項目を選択しておきます。(画像では「インストラクター情報」という部分を選択)

④ リボン中央付近の「リンク」枠中の【ハイパーリンク】をクリック。

⑤ 「ハイパーリンクの挿入」という画面が出現します。画面左側の部分から【このドキュメント内(A)】をクリック。

Word リンク03

⑥ 見出しなど設定した書式順に選択できる部分が表示されています。あらかじめ見出しを設定しておくと良いでしょう。

⑦ リンクを設定した場所をクリックしてOK

Word リンク04

⑧ リンクの設定が成功すると、設定した文字列が「青文字と下線」に変わります。

Word リンク05

⑨ 同じようにリンク先を他の項目もそれぞれ設定します。

これで設定は完了です。

ページ内のリンク先へのジャンプ

設定したリンク先へ早速ジャンプしてみましょう。

① ジャンプしたい項目にカーソルを合わせます。

Word リンク05

② 「Ctrlキー」を押しながら、項目をクリック。このとき操作が正しく行われていると、マウスの記号が、矢印から指のマークに変わります。

③ 正しく操作をすると、設定した項目の部分へジャンプします。

Word リンク06

まとめ

このようにリンク設定を上手く使うことにより、目次などをより有用に使用することができます。

報告書や論文など、長文を作成する機会が多いかたは、是非この機能を設定していただき、読者に優しい文書を作成されてはいかがでしょうか。

Wordのハイパーリンク機能で指定の場所にジャンプする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。