Googleマップのストリートビューの使い方を徹底紹介

AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。⇒Twitter

Googleマップはすごく便利なので使っている人も多いかと思います。

その中でも、Googleマップのストリートビューの使い方がよくわからない方も多いのではないでしょうか?
見れる場所と見れない場所があったり、どこに何の機能が付いているのかも、高機能なだけに使いきれない!ってなると思います。

え!すごい! こんなこともできるんだ!
ストリートビューにこんな機能があったなんて、全然知らなかったという機能も沢山あります。

この記事ではGoogleマップを普段使っている方も、そうでない方も、使ってみると楽しくて便利なストリートビューの使い方を紹介いたします。

Googleマップの簡単な使い方やストリートビューの基本を知りたい方は「Google mapの使い方を初心者に分かりやすく解説」の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

動画でストリートビューの使い方を見る

動画でストリートビューの使い方を解説しています。
動画と記事の両方見ることによって、より理解度が深まります。

ストリートビューを表示する2つの方法

Googleマップでストリートビューを表示する方法は2つあります。

画像からストリートビューを表示する

1つ目は画像から簡単に表示することができます。

場所を検索したのち、左上にある画像をクリックします。

ストリートビューの使い方

そうすると、検索した場所から一番近い場所がストリートビューで表示されます。
※この方法は、住所で検索した場合です。

人形を道路に移動させてストリートビューを表示する

先ほどの方法では、検索した場所しか見ることができません。

ですが、色々な場所をストリートビューで見たいと思いますよね。
そんなことも簡単にできちゃいます。

右下にある、黄色の人形をつまだまま、道路に移動させます。

ストリートビューの使い方2

人形をつまんで移動させると、青色になっている道路のストリートビューが見ることができます。

ストリートビューの使い方3

このようにバッチリ、東京スカイツリーが見えました!

※青色でない場所は、ストリートビューが見れないので注意してください。

Google マップで店内を見る方法

先ほどの簡単にストリートビューを見るまでは知っている方もいると思います。

ですが、Googleマップの驚きの機能として「店内を見る」ということができます!
一度もやったことがないという方は、「ん?」と思われる方もいると思いますので早速見てみましょう。

今度は右下にある人形を、黄色の丸に移動させます。

ストリートビューの使い方4

黄色の上に、人形の下の緑色が重なったのを確認したらクリックを話してください。

※画像では分かりやすいように、少し離しています。

ストリートビューの使い方5

このように黄色の目印の場所に移動させてあげると、ストリートビューでお店の中を見ることができます。

これは美容院ですね。
全てのお店が見れるわけではありませんが、お店側がGoogleに登録している場合に見ることができます。

このように店内を見ることができれば、初めて行くお店もどんな感じの雰囲気かが一発で分かっていいですよね。

タイムマシンで過去の画像を見る方法

Googleマップでは過去の画像を見る「タイムマシン」という機能があります。
タイムマシンを使うことによって、懐かしい風景などが蘇ってきたりします。

通常グーグルマップでは、左上の部分に「日付」が記載されています。

ストリートビューの使い方7

ここに描かれている日付は、表示されている写真が撮られた日です。

そして、この日付の左側にある時計マーク(タイムマシン)をクリックします。

ストリートビューの使い方6

現在から過去の画像を選択できるようになります。

ここでは、2010年1月の画像を選択して、右側にある虫眼鏡のマークをクリックします。

ストリートビューの使い方8

そうすると、このように東京スカイツリーが建設されている昔の画像を見ることができます!

ストリートビューの使い方9

完成されてしまった今では、絶対撮ることのできない写真です。

このように、昔はどんな状態だったかな?という時も、Googleマップのタイムマシン機能を使えば簡単に昔の風景を見ることができます。

通常入れない場所の風景を見る

道路などは比較的見ることができるのですが、Googleマップでは路地などは基本的に見ることができません。

そんな時は、360度パノラマを見ます。
人形を青色の目印に移動させます。

ストリートビューの使い方10

青色の目印がある場所は車などで入っていけないような場所です。

ストリートビューの使い方11

そのような場所でも歩くことはできないですが、360度パノラマ機能により見渡すことができます。

まとめ

ストリートビューの機能を使えば、いろいろなところの写真を見ることができます。

道路だけでなく、店内の様子まで見ることができるのは知らない人も多かったのではないでしょうか?
また、タイムマシン機能を使えば、昔の画像を見ることができるので懐かしい画像が出てくる場合があります。

ただし、場所によっては使えない場所もあるので、どこでも見れるわけではないので注意してください。

全国だけでなく、海外なども見ることができるので暇つぶしに見てみると、それだけで楽しめますよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。