貯金の仕方を社会人になって調べる人は考え直した方が良い

AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。⇒Twitter

社会人で給料も出たし今後のために「貯金しよう!」と思う人は多いはず。

ですが、本当にそのお金を貯金して良いんですか?

私はニートやフリーターを経て、現在は小さな会社を経営しておりますが、以前は「貯金」を間違えて考えていたので、先日ツイッターでこのようにつぶやきました。

給料少ないしお金ないからちゃんと貯金しはじめないと!と言ってる人がいて考え方が間違えすぎててビビる
給料少なくて貯金したら一生脱却できないよ?
お金は将来に残すんじゃなく、将来稼ぐための投資をするべき
貯金続ける位ならPC買って、ブログとかYoutuberした方がいい。
貯金は損だと気付こ

給料を貯金するって考え方は普通だと思いますが、本当は給料は「貯金するべきではない」です。

これを知り合いに喋ったら、「じゃあ遊んで使った方が良いってこと?」と言われましたが、そういうことではありません。

実は「貯金をすることによって貧乏になる」という事実があります。

僕は会社員で働いていた頃は、銀行の貯金を見てヨシヨシ増えてると思ってました。
でもこれじゃまずいんですよ。

社会人になって貯金の仕方を考えているのであれば、絶対に知っておいた方が良いお金の事実を解説します。

スポンサーリンク

一生働いても今より裕福になることはない

これはニートやフリーター、社会人、経営者と色々と経験したから分かるんですけど、今のまま会社から給料をもらっていたら今よりも一生裕福になることはありません。

例えば現在20万円の給料をもらっていて、毎月2万円貯金しているとします。そうすると1年で24万円です。

じゃあ10年後にいくらになっているかというと、24万円x10万円=240万円です。
毎月の貯金額を増やさない限りあなたの10年後の貯金って240万円から増えることないんですよ。

「いやいやいや、知ってるよそんなこと計算すれば分かるし」と思っている人も多いかもしれませんが、はっきり言ってお金の本質が殆どの人はあまり理解できていません。

じゃあ9年間貯金しないで、最後の1年間で240万円貯金したらどうでしょうか?
これも同じ240万円ですよね。

ですが、これは全然違うんですよ。

後に出した例は「1年間で240万円稼げるだけの人間になっている」という点が大きく違います。

ということは11年目の貯金額は「242万円」なのか「480万円」なのかの違いです。

どうでしょうか?

だから「コツコツ貯金しなさい」という考え方は、お金という意味をわかっていない人が発言しているということです。

貯金しなさい!って、親とか親戚にも言われたことはあるんじゃないでしょうか?
でもこれに関しては実は言われてもおかしくないんですよ!

貯金は美徳という愚かな考え方

現在の日本人の資産は「現金貯金」が50%以上です。貯金が趣味という人もいるくらいです。

なんでこうなったかというと、明治時代に「貯金は美徳」という考え方を国民全員に植えつけたからです。
いわゆる洗脳です。

ちなみに江戸時代には「宵越しの金はもたない」と言われていて、そもそも貯金という概念がなかったので、誰でも湯水のようにお金を使っていました。

でも、国がそれだとまずい!と思って全力で「高い金利」「郵便貯金」というのを全力で国民に進めたんですよ。

貯金の金利は今の3000倍だった

今の人が見たらビビりますが、昔は今の3000倍の金利だったんですよ!

預金の金利は3%で、定期預金は最高5%だった時代があります。(現在は0.001%)です
そしてその時代は「1991年」の「平成」です。

当たり前ですが、親の世代はその時代を生きているんです。

100万円貯金していたら、何もしなくても1年後には105万円になるんですよ?
当たり前のごとくみんな貯金しますよね。

1000万円貯金ができれば毎年50万円
1億円持っていれば毎年500万円

つまり銀行にお金を預けているだけで年収500万円です。

どうでしょうか?無駄なものにお金使わないで貯金しろ!って言いますよね。

ただ、今はどうでしょうか?
頑張って500万円貯金して預けても、5000円にしかならないですよ。

だからお金を銀行に預ける意味はありません。

じゃあどうすれば良いか、「投資」をしてください。

自分の価値を高めよう

自分の価値を高めるには「自分への投資」しかありません。

投資というと「怖い」とか「ギャンブル」とか「危ない」と思う人がいるかもしれませんが、そうではありません。
例えば「タクシーに乗る」という点で見ても「投資」なんです。

最初にも書きましたが240万円をコツコツ貯金するのではなく、「240万円を1年で貯金できるような人間になっている」を目指そうということです。

例えば「モデル」をしている人たちがいますよね。
私みたいな一般人から見れば「痩せてて」「キレイ」「可愛い」となんでも揃ってる感じがします。

ですが、自分を磨くことにめちゃくちゃお金をかけています。

例えば「美容院」「エステ」「ネイルサロン」「化粧品」「脱毛」「プライベートジム」などなど、基本的には一般人の何倍もお金かけているはずなんですよね。

それがあってこそ、高い給料ももらえて、その立場で仕事ができるようになっています。

元から綺麗だろ!と思うかもしれませんが、「K-POP」なんかは1億円近くレッスンにお金をかけてからデビューさせるらしいです。
あれだけ元がすごいのに、それでもそれだけの投資をしてからデビューしているのです。

ここでやっている投資は「自分がキレイになるために投資をしている」という点です。

それで、その投資が仕事となってもっと高い給料を生み出しているんです。

リターンがなければ投資じゃない

ここでちょっと間違える人がいます。

単純に「お金をかけるだけでは意味がない」という点です。

僕が先ほどの例のように、めちゃくちゃ美容代にお金をかけたとしましょう。
じゃあ何が得られますか?

イケメンでもないのでモデルにもなれなければ、パソコンで仕事をしているので容姿も関係ない。

これってお金をかけているだけで何も直結しないんですよね。

必ずリターンがあるようにしないといけません。

例えば「絵が描ける」→「絵のお仕事がある」という感じです。

これを意識するだけでも全然違いますよ。

何か自分を高められることを始めた方が良い

投資というのはつまり、自分を高めることです。

例えば「英語をしゃべれない人が英会話をやってみる」「海外に行ったことがないなら行ってみる」みたいな感じです。

なので、自分の価値が高まることをすると良いです。

別に「FXをやって、お金をかけまくれ!」とかそういうことじゃないです。

そして、その自分の価値を高めた時にそれがお金になるとよりいいです。

例えば趣味があるならば趣味をお金に変える方法を考えるだけでも変わってきます。

よく趣味は仕事にするなと言われたりするけど、趣味でめっちゃお金もらえたら趣味やりません?
なので、お金が儲からないから趣味を仕事にしない方が良いって言われるんです。

でも、趣味って考えればお金になることって結構いっぱいあるんですよ。

旅行が好きなら旅行プランを人に考えてあげるとかでもお金になったりします。

そんなんでも良いんです。

映画が好きなら楽しい映画をブログで紹介するとか。それだけでもお金がもらえます。

そういうことを積み重ねていくと、10年後とか今とは違うあなたがいるはずです。

小さな成功体験を積むためにお金を使おう

破産する人の多くは、一気にドカンとやろうとすると多額の借金を背負ってしまったりします。

確かに、リスクを取らなければ大金持ちは難しいですが、そんなリスクを取る必要はないんじゃないかと思ってます。

そのためには「小さな成功体験を積む」ということです。

例えば、映画を1つ見たら映画を1個ブログで紹介する。そうすれば300回目には300映画を紹介した人になれるんです!

ただ映画を楽しんでいる人だけで終わってしまったは意味がありません。
そして、その映画を楽しむためにお金を使っていきましょう。

貯金だけを頑張ってお金をコツコツ貯めていった人よりも、どっちが話が面白い人間になっているかは明らかです。

とりあえずやった方が良い

やることが見つからない人は、何かをとりあえずやってみるのが良い。

なぜかというと、「やらなければ分からない」から。

  • 株に投資をしたことがなくて、危ないからやめた方が良いよという人
  • 株で1000万円損したことがあって、こういう理由だから辞めた方が良いよという人

あなたはどっちが説得力ありますか?

想像でしゃべっている人が、あなたの周りには多くないですか?

  • 海外は危ないから行かない方が良いよ
  • 毎月海外旅行行っているけど、あの国はオススメだよ

どっちが良いですかね。

これを経験するには「お金」が必要です。
もちろんお金がかからないことも沢山あります。

そして、貯金していればその体験を積む機会を損しているというのに気づいた方が良い。
10年後になった時に何も知らない自分が生まれます。

もし、貯金をしよう!と考えているのであれば、それを増やすことのために自分の価値を高めるという行動をぜひ起こしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。