ネットからお店の売り上げる方法を詳しく解説する

AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。

ネットからお店の売り上げを増やしたいけどうまくいかない・・・。ホームページを作ったのはいいけど、お客が全然来ない・・・。と悩んでいる人は多いです。

ネットから売り上げを増やすには、チラシを配って人を呼び込む以上に難しいです。ただ、ネットから売り上げを上げるには絶対に守っておかないといけない法則がいくつかあります。

私はパソコン教室を経営していて全くネットから集客できなかったのが、ネットを活用してから売り上げが10倍以上になり、今ではWeb制作やSEO対策をしています。

Web制作会社はいっぱいありますが「綺麗なホームページを作る事」が仕事であり、人を集めることはできません。なので、その場合は集客する部分に関してはどうしても自分でやる必要があるんですね。(もしくは集客が得意なWeb制作会社にお願いするしかないです。)

特に個人事業主や中小企業でやっている方は、ネットが得意じゃない人が多いので悩んでいる人がすごく多いです。

この記事では「ネットから売り上げを増やす方法」にフォーカスして、記事を書いたので悩んでいる人は参考にしてください。

スポンサーリンク

ネットからお店の売り上げを上げる方法

ネットから売り上げを上げる方法には簡単な式があります。

それは、「アクセス数 X CVR(成約率)」です。

とはいっても、色々なところでこの式は解説されていたり、見たこともある人が多いはず。しかもこの式を見たときに真っ先に思うのは「そんなこと言われても具体的にどうすれば良いんだよ!」という感じです。

今の段階では「アクセス数」と「成約率」の2つが大切なんだなと思っていてください。この2つについてを詳しく解説していきます。

特にホームページ制作会社に依頼してホームページやブログを作ってもらった方は「アクセス数」の対策は全くされていないと思ってください。

成約率を上げる方法

成約率を上げるにはまず「どうやったらお申し込みされるか」を考えなければなりません。

例えばよくあるホームページですが、「お店の特徴」や「メニュー表」が載せてあるようなホームページってよく見ますよね。

実はそういうページって、「そのお店に行く事が90%決定している」という状態じゃないとほぼ意味がないんです。

ここから美容室を例に出しますが、基本的にどこのお店でも考え方は一緒です。

あなたがお店を選ぶときのこと考えてみてください。例えば「美容室に行きたい→3つ検索したら出てきた→値段と場所、ホームページが良さそう」という感じで行っている人も多いです。

ホームページが良さそうというのは最後の検討材料くらいで、もはや比較検討されるギリギリのラインになっていると思ってください。

これだけだといまいち伝わりにくいのでもっと具体的に書くと、美容室を探しているときに「A店」「B店」「C店」と3つで比較していたとします。そして、行こうとしている人が「カラーがしたいな」と思っていたらどこを選ぶと思いますか?

お店の雰囲気やホームページのキレイさも多少は関係してくると思いますが、大事なのは「カラーが得意なお店」をまず最初に検討します。

そこが最も大事なところです。なのでホームページのキレイさなんて、誰も求めてないんですよね。

つまり「ホームページに必要な事がしっかり載っているのかどうか」がめちゃくちゃ大事なんです。

それをよく見るホームページでは「他とは違う圧倒的な仕上がり」「落ち着く環境」とか意味不明というか、そもそも不要なんですよ。どこでも書いてあるから。

書くのであればもっと「どのように得意で」「どのように仕上げられて」「他との違いは何か」とかを具体的に載せる必要があります。

そうじゃないならば「ホットペッパービューティー(他の便利なサービス)」から申し込むと思いませんか?

どういう事を載せたら良いのか分からないという人は、自分が選ぶときに何を基準に選ぶかを徹底的に考え抜くといい感じにいっぱい出てきます。

具体的であればあるほど良い

勘違いしている人が結構多いのが「長い文章は読まれなくないですか?」という質問をよく言われます。

「そんなに具体的に書いて読まれないですよね。」とか「そんなに書く必要あります?」など思われる方が多いですが、結論からいうと「必要な情報は全て書きましょう」が正解です。

これも話すと「めんどくさい」「よく分からない」と言われる事が多いのですが、お客さんが来ないで悩む方がめんどくさいですよ。という感じなのでそれで1人でも多く来てもらえるなら費用対効果がすごく高いので書いた方が楽です。

もし自分で書くのが大変だと感じるのであれば、私のようなネットから販売するのが得意な人に相談するのがオススメですね。

文章が読まれないとしたら文章が長いのではなく「書いた文章がつまらないから」でしかないからです。

ここまで理解できれば、「ホームページに必要な情報が書かれているのか」を確認する作業をしましょう。必要な情報やお客さんには話しているけどホームページに載っていない情報があるのであれば全部書き出すといいですね。

アクセス数を増やす方法

アクセス数を増やす方法の結論は「SEO」を勉強するしかないです。SEOとは検索した時に上位に表示される機能のことです。

今読んでいるこのホームページは月間で30万人以上の人が読んでいます。

当たり前ですが、どれだけ成約率を高めるのを頑張ったとしてもアクセス数がなければ誰も申し込みする人がいません。

じゃあどうやって増やすのかといったら「SEO対策」をする必要があります。

この話をすると「SEOってなに?」と思う人や、「あ〜、うちはSEO対策してもらったんだよね」と話される人が結構多いです。

特にWeb制作会社に依頼してホームページを制作した方は「SEO対策します!」と書いてある事が多いので、勘違いしている方がかなりいらっしゃいます。

Web制作会社が書いている「SEO対策」というのは、簡単に言うとほぼ意味がないと思ってください。なぜなら、ホームページ名で上位表示が取れるって意味だからです。

でもこれって意味が全くないんですよね。なぜならお店の名前で検索する人なんて「もうお店の名前を知るくらい詳しくなっている」からです。

試しに「パソニュー 」で検索してみてください。このブログが一番上に必ず表示されるようになっています。ですが、「パソニュー 」なんて名前知ってましたか?多分今知ったよという方が殆どなはずです。

なのでそんなキーワードで上位を取ったところで意味がないんです。

アクセスを増やすには悩みを解決するしかない

アクセスを増やすには「悩み解決」しかありません。

この記事も悩み解決の記事になっているから、今まさにあなたが読んでいるんです。

悩み「ネットから売り上げが上がらない」
解決「ネットから売り上げを上げる」

という、まさに悩み解決になっているのが分かります。

美容室とかだと「カラーがうまくいかない理由」とか「美容室で失敗した人向けの記事」とか書いてあると、それを読んだ人が記事を読んでくれて、結果的にあなたのホームページを見てお客になる可能性が出てきます。

でも「そんなの全部書いたらお客さんが来る必要がなくなる!」と質問される社長さんも多いのが現実です。

ですがこの記事でいうと、「お店の売り上げを上げる方法を知りたい→なるほどこんな感じで考えるんだ→へ〜、この人Webマーケティング得意なんだ→実践しようと思ってもよくわからないな→じゃあ相談してみようかな」という流れになるから全く問題ないです。

この記事を読んで実践して改善できる人もいるし、そうじゃない人もいるんです。

例えば料理だってレシピを見れば詳しく載っているから、誰でも料理が作れるのかっていったらそうじゃないですよね。

料理教室がなんであんなに流行っているのかといったら、「レシピは家でも見れるけど、1人だと自信がないとか、よくわからない、教えて欲しい」という欲求があるからです。

料理のレシピなんて、ビジネスと違って正解があるから誰でも同じような味が作れるはずなのに

なので、必要な情報は全部紹介して、読者の悩みを解決させれば解決させるほど良いと思ってください。

最後に

ネットから売り上げを上げる方法としては「アクセス数 X 成約率」しかありません。

アクセス数を増やすには「役立つ情報を発信して悩みを解決する」ことです。
成約率を上げるには「必要な情報をしっかり記載しておく」ことです。

この2つがすごく大切ですので、まずは自分のホームページではそれがしっかりできているかを確認してみてください。

役立つ情報を発信して悩みを解決するのは、時間がかかりますし大変ですがやる価値はすごく高いのでオススメです。

ここに書かれている内容も当たり前のことと思われるかもしれませんが、はっきりいって95%のホームページができてないです。

そして、そう思う人に限ってまた違う売り上げを上げる方法を探したりするのですが、これがしっかりできない場合は他の方法を試したとしてもほとんど意味ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。