【体験談】会社に引き止められて辞められないのは異常ですよ

AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。

これから会社を辞めたいって伝えるけど引き止められたらどうしよう、会社に辞めたいって伝えたけど引き止められた、ってなったらめちゃくちゃ悩みますよね。

私がサラリーマンの頃は今までに会社に辞めたいと言った時に全力で引き止められました。正直今までに何社も辞めたことがありますが、やっぱり辞めたいと言うと、

  • もうちょっと考えてくれないか?
  • 引き継ぎの人が入ってくるまで(募集はない)
  • 甘えてるんじゃないの?スキルがないだけでしょ?
  • そんなんじゃ他のところでも務まらないよ。辞め癖つくよ。
  • みんな頑張ってるのに一人だけ逃げるの?

など、このような色々な理由を言われて引き止められてきたことがあります。なので引き止められて辞められない気持ちはすごく分かります。

ですが、過去の私のようにそう思っているのであれば、はっきり言って「退職したいと少しでも考えたら退職した方がいい」と声を大にしてあなたの背中を押したいです。

それについて体験談を交えて話していきます。

スポンサーリンク

本当にその相談はあたなのため?

最初の会社を「うつ病」で辞めているのですが、当時の私はこれに全く気づいていませんでした。というよりも、考える余裕すらなかったです。

その相談して聞いてるアドバイスは「本当にあなたのため」を思って言っていると思いますか?よく考えた方がいいですよ。
辞めるときに限って何か感情に訴えるようなことを言ってくるんですよ。

  • お前はもうちょっとやればできると信じてる
  • あと半年だけでもやってみると違う世界が見えるから
  • 今の環境を改善するようにするから
  • お前のためを思って言ってるんだぞ

なんか話を聞いていると、「うーん、それなら・・・。」とか「なんかもうちょっと頑張ってみようかな・・・」とか思っちゃうんですよね。

そうすると辞めようと思ってたのに、今まで相談してた友達にも「いや、もうちょっとはできる気がするんだよね」とか話し始めちゃう自分がいるんですよ。

親身になって話を聞いてくれるし、すごいいい人!と勘違いしてましたけど、辞めたいのを引き止めるってアドバイスでもなんでもないですからね。ただの洗脳ですよ。

本当に全力でアドバイスしてくれる人は、次の日には言った事を全部改善するように全力で動いてくれます。

そうでないってことは「あなたより大事なことがある」って事です。なので「口で言っているだけ」です。私は結構騙されてきました。改善されたことが一度もありません。

私が辞めたいと相談していた人は当然のごとく「上司」や「同僚」などでした。あなたが相談しているのが会社の人であれば、「引き止める」のは当たり前です。

引き止める側の本音を言うと「新しい人より、引き止める方が楽だもん」これに尽きます。

相談するのであれば、一番仲の良い友達の数人に相談するべきです。その人は会社とも関係なく、あなたと何の利益もなくて普段から会っている人間です。

そういう友人の方が本来は信頼するべきなのに、会社で毎日のようにあってたり、友人よりも会う回数が多いから、どうしても私のためにアドバイスしてくれるんだなと思っちゃいがちです。

本当にそのまま続けてよかったという人の話を聞いてみたいくらい。

逆に私の友達はそのまま続けて、結局うつ病になって薬を飲み続けないと精神が保てなくなるくらいなっちゃった人を知っています。

じゃあその時会社が何をしてくれるんだ?引き止めた上司は?。。。当たり前ですけど、「あ、そうなんだ」だけで終わりですよ。

逃げることが悪いことという意味不明な習慣

この記事を読んでいると言うことは、会社を辞めるのに何か少しでも後ろめたさを感じていると思います。

会社を辞めることって「逃げる」って考えてしまって怖く感じる人が多いです。それは仕方がないです、なぜなら会社に入るは簡単ですが逃げるのって難しいんですよね。

会社を辞めることは「逃げ」ではなくて、幸せになるための勇気ある行動です。

辛い事を逃げるのと仕事を逃げるのは違う

「石の上にも3年」という言葉があるだけに、「もうちょっと頑張らないか?」と声をかけられることが多かったです。

ですが、「目標達成のために頑張る」のと「仕事を頑張る」は全く違います。

よくスポーツ選手が「辛い練習にも耐えて、時には逃げ出したくもなった、でもここまでやってきたから手にできた」と答えてるシーンとかありますが、これは実際にそうでしょう。

これと仕事一緒にしちゃダメですよ。この人たちはめちゃくちゃ好きでその仕事をしていますから。そして、やっていることに対して「目標がしっかりある」状態で取り組んでます。

私は今の仕事は好きでやってますが、それは嫌なこともあるし、時には投げ出したいこともあるけど、好きだからダメって言われても時間がたてば結局やっちゃうんですよね。あなたも大好きな趣味とかあったらそうじゃないですか?

ただ、あなたのやってる仕事「1年間続けたらどうなりますか?」これが明確に答えられるなら続ける意味があるかもしれませんが、「大好きでもなく、生活費のために仕事をしている」という状態なら考えた方がいいです。

しかもそれが嫌な状態で続いているんですよ。あとどれくらい経ったらその状態が解放されるんですかね。

それが明確にわからないなら、辞めない限り解放されないです。

仕事で悩むなら環境を疑え

「スキルがない」「甘えている」「社会人失格」とか過去言われてました。それは違う記事でも書いたので読んでみてください。

これは単純にスキルが低いというよりも環境によるものが大きいです。仕事でのミスが多いとか、いつまでも覚えられないとか。スキルの問題じゃないですよ。

今までに言われてきた暴言なども体験談で書いてます。

この記事読んだ人から辞める決断できてよかったと何人かにメッセージいただいて、書いてよかったなと思いました。

仕事を辞めてもお金は心配しなくて大丈夫

とは言っても、仕事を辞めると心配なのはお金の心配ですよね。でも、普段入っている保険で仕事辞めてもお金は支給してもらえます。

条件によりますが、最大で2年6ヶ月も支給してもらえるんですよ。それだけあれば、心の傷を癒すのには十分かと思います。
そのような知識があるだけでもらえるかもらえないかが決まってくるので、知っているだけでも全然不安が違います。

詳しく解説すると大変なので、

  • 失業保険
  • 傷害保険
  • 職業訓練

この3つはしっかり調べてから辞める事をオススメします。そうすればお金の心配はかなり改善された状態で辞められるかなと思います。

さらに言えば辞めても仕事はいっぱいあります。私は仕事を辞めたら次がないぞとか何回も言われてきましたが、求人募集って何万件もあるんですよね。次がないわけないかと。

どうしても仕事が辞められないなら

今日から会社に行きたくなくても、基本的には会社は「辞める意思を伝えて退職届を郵送すれば」会社の意思が関係なく辞められます。法律で2週間後だろと言われたら2週間欠勤しますと言えばそれも一瞬で解決します。

そうは言っても相談しても引き止められてしまう、どうやっても辞めるのができないなら「退職代行」とかを使うのもありです。

お金はかかってしまいますが、精神的に不安定な状態を続けるよりも、元気な状態で仕事をすれば稼げると思うんですよね。

だってこの問題で悩んでいるのって仕事が嫌いというわけじゃなくて、たまたま「その環境でする仕事が嫌だった」というだけに過ぎないから。

だから精神的に疲弊しているのであれば、使った方が早いです。

最後に

仕事を引き止めているのは、本当に自分のことを思って言ってくれているのかはしっかり考えた方がいいです。

もし考える余裕すらないならば、それはもう結構やばい状態だと思った方がいいです。だってその会社にいてそうなっているんだから。

私の話をどう思うのかは自由ですが、せめて相談するのは会社の人ではない人に相談をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。