初めて仮想通貨でビットコインを購入する初心者に必要な知識を全て公開

AKIYUKI (金子晃之)このブログの人

パソコン教室を経営しています。PC関連を主に書いています。⇒Twitter

2017年は仮想通貨のビットコインが1年で何十倍にもなり、大きくニュースでも取り上げられました。

仮想通貨ってそもそも何なの?ビットコインと仮想通貨の違いってなに?怖く無いの?危ないでしょ?バブルで騒がれてるだけだよね?って思っている人も多いと思いますが、実は仮想通貨は未来を変える位すごい技術が詰まっています。

僕も仮想通貨をトータルで100万円分購入しましたが、ざっと3ヶ月で今では資産が1000万円近くなりました。

ビットコインって何でこんなに騒がれていて価格が上がるのかがわからない人も多いでしょう。

周りに言っても、やっぱり「怖い」「危ない」「今だけでしょ?」という声が多くて手を出したくない人も多いです。

なぜ投資素人の僕でも勝てたのかと言うと「仮想通貨はまだ発展途上」だからです。

2017年に仮想通貨の代表とも言えるビットコインは「バブル」と言われましたが、まだバブルにすら入っていないと考えています。
なぜなら、間違いなく今後に使われていく通貨(技術)だからです。

私がこのような衝撃を一番最近受けたのは「iPhone」が日本に来た時以来です。
日本に来たばかりのiPhoneをすぐに買って使っていましたが、周りはすごく批判的でした。
「絶対流行らない」「そんなものは使い物にならない」など・・・・。ですが、今ではスマホを使ってない人を探す方が難しい位ですよね。

そうは言っても、もちろん投資なので損をしている人もいます。
ですが、損をしている人たちの特徴は投資というより「仮想通貨」がなぜ存在しているのか、仕組みはどうなっているのかを知らずに買っているからなんです。

なので、この記事でしっかり仮想通貨とはどういうものだ。どういう仕組みで成り立っているのか。
仮想通貨をどうやって始めれば良いのか、何を知っていれば良いのか、ビットコインはどうやって買えばいいのか。

なぜ今始めなければならないのか。
というあなたが仮想通貨を始めるに必要な知識をすべて込めました。

私も最初はそうだったのですが、単純に儲かりそうだからやってみようかなって思う人も多いんじゃないかと思います。

正直に言っちゃうと仮想通貨を買うのは500円からできるので、最初はその気持ちで一回やって見て、学んで行くのがベストです。
というかやってみないと分からないですし、興味もわかないです。

ですが、やる前に簡単にそもそも仮想通貨はどういうものなのかというのは知っておきましょう。

スポンサーリンク

仮想通貨とは?

仮想通貨とビットコインの違いがわからない人も多いと思いますが、まずは仮想通貨とはどういうものなのかから理解していきましょう。

仮想通貨というのは、簡単に言うとインターネット上のお金です。

仮想通貨は、現実のお金の違い目に見ることができません。
テレビとかネットでビットコインの画像が出てきますが、実際は形はなく想像で下記のような画像を出しているだけです。

なので普段は1万円のお買い物をするときは画像のような現金を使いますが、仮想通貨は銀行振込やクレジットカードで買い物をしていると考えてください。

そうすれば現金使わないけど、買い物できますよね?

それが仮想通貨です。

難しいことはおいておいて、まずは「仮想通貨=インターネット上でのお金」とだけ認識してください。

ビットコインとは?仮想通貨との違い

仮想通貨は全部で何千種類あると言われています。

ビットコインとは、仮想通貨の中にある1つのお金です。

例えば、お金というと「日本円」「ドル」「ユーロ」全部が一括りで「お金」と表現するはずです。
車だったら「フェラーリ」「ポルシェ」「ランボルギーニ」みたいに「車」と表現しますよね。

なので仮想通貨も「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」というような色々な通貨が存在します。

このようにビットコインというのは、インターネット上で使われている「お金(仮想通貨)の種類の1つ」と考えてもらえれば間違いありません。

なので「仮想通貨=お金」「ビットコイン=お金の種類」と覚えてください。

ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」と呼びます。

ビットコインは何がすごいの?

最初に「仮想通貨は未来を変えるすごい技術」だと書きました。

じゃあ仮想通貨のビットコインは何をしてくれるの?ってお思う人が殆どだと思います。というかむしろそう疑問に思って当然です。

なぜなら、単純にネット上で使えるお金だけだったら「ウェブマネー」と呼ばれるお金もあります。

これらは単純にインターネット上でゲーム買ったり、課金したりで使うだけのお金です。

ビットコインは今までと何が違うのかというと「ブロックチェーン」という技術が使われています。

この「ブロックチェーン」が革命的とも言えるくらいすごい性能を持っているんです。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは簡単に言うと「台帳」の事です。

台帳と言われるとよく分からないですが、「今までの取引の記録がすべて記録されたノート」みたいなものだと思ってください。
そして、それを全員が使えて、全員が見れるようになっています。

ブロックチェーンを使うと、絶対に不正ができない仕組みになっています。

例えば、あなたが友達に1万円を貸しました。
後日返してもらおうとしたら、貸してもらった記憶がないと言われたらもう無理ですよね。

ですが、30人の目の前で「今から1万円貸します」と宣言して契約書も全員に配れば、30人全員が忘れたとかあり得ないですよね。

これが「ブロックチェーンの技術」です。

画像で表すとこんな感じです。

ここでちょっと頭が良い人だったら、さっき30人が友達側についたらダメじゃない?と思うかもしれません。

ただし、ブロックチェーンのすごい所はそのようなことは絶対にできません。

なぜならその30人というのは、実際は数万人の知り合いでもなく世界中の誰かも分からない人だからです。
そして、このデータを管理する人というのは誰でも管理する事が出来ます!もちろん機械があればあなたでも!

そして常にどういう状態だったかを確認しているので、1人不正をして中身を書き換えたとしても、その瞬間に残りの数万人の情報が違ったら正しい情報に上書きされてしまいます。

このように皆で監視し合うシステムの事を非中央集権と呼び、銀行の様に1つの場所で管理している事を中央集権と言います。

もし、銀行って安全に見えますが、銀行がお金を管理してるのであれば銀行のシステムを攻撃すれば一発ですが、誰かも分からない世界中の数万・数十万人のパソコンを同時にハッキングして書き換えなんて絶対に無理ですよね。

このように仮想通貨は「絶対に不正ができないような技術」で、しかも「低コスト」で運用できるからすごい技術だと騒がれているんです!

これが実現できるのが仮想通貨のすごい所です。

ブロックチェーンはどのように使われるのか

ブロックチェーンというのはなんとなく分かったけど、実際はどうやって使われるんだよ!!と疑問に思いますよね。

では、先ほどのブロックチェーンの特徴を一回まとめてみましょう。

  1. 不正が絶対にできない。
  2. 「中央集権システム(管理者)」がいなくて大丈夫。
  3. 低コストで運用できる。

というのが魅力的な点です。

例えば海外留学をしている子供に親がお金を送りたい場合、ゆうちょ銀行を使うと「郵便局に行く必要がある」「2500円の手数料」「届くまで2〜4日」「10万円を超えると手続きが別途必要」

など、手数料も高いし、なんと言っても送金側も受取側も手間がすごいかかります。

ですが、ビットコインを使えば「数分で」「手数料が安く(数円)」「安全に」「スマホ」で送ることができます。

あなただったらどっちを使いますか?

ほぼ全員が仮想通貨を使いたいと思うんじゃないでしょうか。

このようなシステムが画期的だと言われて、仮想通貨は未来を変える技術だと騒がれています。

現在ではビットコインを使う人が多くなりすぎて、手数料が高くなり送金するまでに以前より時間がかかるようになっています。

仮想通貨の種類と特別な技術

仮想通貨の種類は「ビットコイン」だけではなくて、「イーサリアム」「リップル」と言われる色々な種類があると紹介しました。
そして、ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と呼びます。

仮想通貨がビットコイン以外になぜ複数存在しているのかというと、それぞれに違う機能が存在しているからです。

例えば「イーサリアム」には「スマートコントラスト」と呼ばれる、お金を送金する際に「契約」を混ぜることができる機能が備わっていたり。

リップル」では、「国際送金」を一瞬で低コストで行えるようにするために存在しています。

このように、同じ仮想通貨でも種類が違うと、全く違ったことをするために存在しているということです。

ただし、これらのアルトコインは種類がたくさんありすぎて紹介しきれないので、まず始めてみて興味が湧いてきたら改めてそれぞれのコインが何のために存在しているのかを調べるのをオススメします。

仮想通貨の買い方

ここまでの知識があれば、最低限知っておくべきことは十分です。

仮想通貨は「500円」から購入ができるので、まずは買ってみてから他の情報について調べましょう。

仮想通貨を購入できる業者の事を「取引所」と呼びます。
取引所は色々あって手数料が変わってくるので、基本的に全部登録するのが一番です。

取引所は申請してから、最低でも1週間位はかかります。
登録は無料で全部できるので、まずは全部申請しておきましょう。

なぜ全部申請する必要があるかというと、取引所によって取り扱っている仮想通貨が違うのと、手数料が全然違うからです。

逆に言うと、仮想通貨をやっている人で全部登録していない人はいないので、めんどくさがらずに一気に登録しておきましょう。

 

Zaif

Zaif(ザイフ)は取引手数料が低いのが特徴です。

コインチェックでは、「ビットコイン」以外の通貨を取引すると手数料が発生してしまいますたが、Zaifでは買いたい人と売りたい人を繋げる「板取引」を採用しているので取引手数料がかかりません。

なので、コインチェックで試してみて、ビットコイン以外のコインを新たに購入するときはZaifで購入する事をオススメします。
ただし、Zaifはアプリとかですぐにチェックできないので、初心者にはコインチェックが分かりやすくてオススメです。

特にZaifは申請してから認証されるまでが長いので、必ず早めに申請しておきましょう。

登録は「Zaif公式サイト」を開きましょう。

開くとメールアドレスで登録画面があるので登録しましょう。
(パソコンの場合は下の方に無料登録ボタンがあります)

メールアドレスを入力して無料登録すると、コインチェックと同じようにメールが来るので認証しましょう。

進めていくと本人認証になりますので、本人認証が完了すればハガキが送られてきます。

ハガキを受け取れば取引ができるようになります。

ビットフライヤー

ビットフライヤーは国内最大手の取引所です。

ですが、ビットコイン以外は手数料がかかってしまうのと、アプリの使いやすさはコインチェックの方が使いやすいです。
ただ、国内最大手なので、資金を分散させるという意味でも登録しておく事をオススメします。

登録にはビットフライヤー公式サイトを表示しましょう。

表示すると「アカウント作成」があるので、メールアドレスを入力してアカウントを作成しましょう。

メールアドレス登録後は、コインチェックと同じようにメールで登録確認がきますので認証しましょう。

メールアドレス認証後は、必要事項を入力し本人確認までは終わらせておきます。

本人確認まで終わらせておかないと、使いたいときに使えないので必ず全ての取引所で本人確認までは終わらせておきましょう。

全ての取引所で本人確認までしても登録料などは一切かかりませんのでご安心ください。

仮想通貨を購入する前の注意事項

仮想通貨は「投資」です。投資は何があっても自己責任が原則です。
仮にこの記事を参考に仮想通貨を購入しても、100%儲かる保障はありませんし責任は一切取りません。

絶対に「余剰資金」でやるようにしましょう。

余剰資金とは、全部無くなってもしょうがないで済まされる金額だと思ってください。

なぜなら仮想通貨は今後「0円」になる可能性だってあります。(あくまで可能性ですが現時点では誰にも分かりません)

例えばいきなり1日で30万とか減ってたらビビりますよね。
1000万とか投資してたら1日300万とか動くこともありますし、もうサラリーマンの年収じゃんと。
私も1000万円になった含み益が、数日で700万円程減っていた事もあります。

その1000万円が貯金全部だったら、「もうこれ以上はやばい・・・。」「全額なくなっちゃうんじゃないか・・・。」と思っちゃうので、冷静な判断ができなくなってしまうので危険です。

でも、投資している額が1万円だったら大きく動いても3000円です。(1000円だったら300円)

なので購入したお金が全額無くなっても、まあしょうがないよねで済まされる金額でやりましょう。

ちょっとやっぱり怖いなという方は、まずは5000円〜1万円からやるのがオススメです。
1回飲み会に参加した金額だと思えばやりやすいですよね。

なので、まずは無くなってもしょうがないなで済まされる金額で始めるようにしましょう。

ポートフォリオを考える

仮想通貨に限らず、投資をするときはポートフォリオを組む事を考えて買いましょう。

ポートフォリオとは、例えば「Aコイン」「Bコイン」「Cコイン」「Dコイン」があった時に、「Aコイン」だけかけていれば上がるか下がるかしかないので、かなりギャンブル的な要素が強いです。
仮想通貨で言えば「ビットコイン」だけに賭ける感じです。

ですが4つのコインを持っていれば、「Aコイン」が下がったとしても「Bコイン」「Cコイン」「Dコイン」が上がっていれば損しないですよね。

例えば10万円持っているとしたら、4つの仮想通貨に2.5万円ずつ投資する感じです。

このようにリスクを減らして色々な場所に賭けておくことを「ポートフォリオ」と言います。

すごく期待をしている銘柄1つに全部かけてもいいですが、資産を分散させておいた方が安全に仮想通貨を楽しめます。

オススメの仮想通貨

最後に2018年に価格が上がると思っているオススメの仮想通貨を公開します。

これを買えば絶対に儲かる!という訳ではありませんが、参考にして購入してください。

もちろん紹介するくらいなので、私も実際にそれぞれ全部100万円以上は投資しています。

第1位 イーサリアム(ETH)

イーサリアムは「スマートコントラスト」という技術が使われていて、今後の生活を一気に変えられるレベルの技術が詰まっています。

仕組みを解説するとものすごく長くなってしまいますが、確実に2018年はイーサリアムが注目されるのは間違いないです。

個人的には現在より10倍以上になってもおかしく無いと思っていて、本当に革命的な仕組みだと感じています。

第2位 リップル(XRP)

リップルも実際に使われるようになったら、かなり便利な通貨です。

なぜなら、法定通貨でも仮想通貨でも使われいるどんな通貨でも自由に交換できる仕組みになっています。

しかもリップルを使った取引は、銀行口座の必要がなくて手数料も殆どかからないです。

送金手数料が安価で送金スピードが早いという時点で便利という言葉以外に出てこないです。

第3位 ネム(NEM)

ネムは特徴というのは見つからないのですが、イーサリアムとリップルのいいとこ取りをしている感じだと思ってください。

特に2018年は「カタパルト」という技術を使って処理能力が格段に上がります。

カタパルトが実装されると、なんと「リップルの約4倍」早くなります。

こうなるとめっちゃすごいじゃん!と思うのですが、これに使う!と決まってないと注目を集めにくいため現在は価格が低いです。

性能としてはすごく良く、カタパルトが実装されたら間違いなく現在より価格が上がります。

なので、現在は評価が低くて1つあたりの単価は安いですが、個人的にはかなり注目している銘柄の1つです。

ビットコインは購入するべきか

個人的にビットコインはあまり好きではありません。

なぜなら、現時点では他のコインと比べて良い点が見つからないからです。
ただ、地名度が高いからみんな購入しているみたいな印象を受けます。

なので、個人的には上記で紹介した銘柄をビットコインよりはオススメします。

ビットコインの値段が上がらないかと言えばそうではないです。私もビットコインは購入しています。
ビットコインは今後も値段はどんどん上がっていくでしょう。

まとめ

ちょっとでも儲けたいと思うなら、今ならまだ間に合います。むしろ早いです。

ビットコインって言葉は知っているけど、、、仮想通貨って聞いたことはあるけど、、、って人はいますが、やったことある人は圧倒的に少ないです。

株って言葉を知らない人はいないけど、株をやったことないって人の方が圧倒的に多いですよね?
ですが、来年・・・。いや半年後もネットの世界は分からないです。

だって株と違い仮想通貨はお金なので、皆が使い始めたら価格が安定しちゃうので、お金としては使えてもいっぱい儲かるとかは無くなります。

はっきり言って仮想通貨は、今後人間が生きて行く上で避けては通れないです。
現代のパソコンやスマホみたいなものです。

あなたも今この記事を当たり前のようにスマホかパソコンを使って見ていますよね?
15年前にはスマホはないし、パソコンも使ってなかったはずです。

仮想通貨は今後世界中で確実にそういう存在になります。

ちょっとでもやって見ようと!思ったのであれば、まずは「コインチェック」に登録して始めて見ましょう。

仮想通貨は500円からできるので、投資なんて・・・。って考えてもいなかったとしても、購入すると楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。